ジャパンネット法務事務所

裏金金融(闇金)とサラ金の大きな違い

もし、闇金融から借りたお金を返済できなくなったら・・・
あなたが自己破産したり、夜逃げしても、闇金は何〜にも困りません!

 

彼らが破産した人や、サラ金に申し込んでも借りれない方にも貸せるのは、鼻っから法律に従って返済させようと考えていないからです。
それには、差し押さえや競売など裁判所に頼らなくても、闇金融だからできる違法な取り立て手法を使います。

 

ひょっとしたら、あなたは身をもって体験しているのかもしれませんね。

 

 

 

追い込まれている闇金融被害者にとっての夢は、違法な取り立て、嫌がらせを即時停止させ、完済どころか法外な高金利のために増々増える借金が消えて無くなることでしょう。

 

しかし、解決のための行動を起こさなければ『それは夢!』で終わり。このままでは借りた本人だけでなく身内や職場まで迷惑を掛け、限りなく追い込まれて行くことになります。

 

このアリ地獄のような境遇から脱出することはできるのでしょうか・・・?

 

 

はい!可能です
そのかわり、
1歩踏み出す行動が不可欠、それさえできれば夢が現実となることが可能です!

 

 

では、どのような行動を起こせば夢が達成するのでしょうか?

裏金融の被害から逃れるための選択肢は4つ。
1、何とかして(たとえ犯罪に手を染めても)お金を用意し、闇金を完済する
2、家族もつれて遠くに夜逃げする(もし残せば家族に被害が・・)
3、公的機関に助けを求める
4、闇金融に詳しい専門家に助けを求める

 

 

 

ヤミ金

1は、論外です。裏金融犯罪に巻き込まれ、被害者である自分が犯罪者になって一生を棒に振るのでは浮かばれません。

 

ヤミ金

2は、長い目でみれば案外難しいです。当座のお金と、足取りがバレないように住民票の移動ができませんから家族の行政サービス(学校関係の届け、健康保険や年金の手続きなど)が受けられなくなりますし、

   見つかるかもしれない恐怖が消えません。

 

ヤミ金

3は、簡単ですが、警察には「民事不可入」の原則があり、単にお金の貸し借りで起こるトラブルには消極的です。

    しかし、身体や所持品・財産に危害が加えられたのなら刑事事件ですから摘発や仲介に乗り出してくれます。
    他に消費者センターや法テラスなどもあり解決の方法を提示してくれますが実際の行動はしません。

 

ヤミ金

4は、一番多い安全・確実な解決方法です。専門家(弁護士もしくは司法書士)に相談、そして債務者本人に

代わり解決してくれることを依頼します。相談は無料で、依頼すれば有料となりますが、依頼の90%以上は
    1日〜3日以内で解決するほど強力です。

 

言うまでもなく、
この結果から早期解決を目指すなら4番目の闇金被害に特化した専門家を利用することがおすすめです。

 

1日でも、1時間でも早く闇金被害を手っ取り早く解決したいのなら、
1歩踏み出す行動が不可欠、それさえできれば思いは現実となります!

 

 

あなたの目的が、
裏金融業者を摘発することなら、被害の証拠を準備して警察に相談しましょう。
しかし、いまの厳しい取り立て、嫌がらせ、そして返済を止めることが目的なら、闇金被害に
特化したプロ(弁護士・司法書士)に相談し、依頼すれば手っ取り早く解決します。

 

 

闇金に特化した弁護士・司法書士の情報は次ページから掲載しています。

  公的機関の相談窓口情報はコチラからどうぞ。

 

国内最大手の闇金被害の相談所の窓口案内はコチラから

もし、あなたに裏金融(闇金)被害に特化した専門家(弁護士・司法書士)をご存じなければ、次に日本国内で闇金被害の解決・相談実績がトップクラスの事務所をご紹介します。
いずれも依頼された当日、もしくは90%以上が3日以内に闇金被害の解決を実現するプロ達です。

 

助言するならば、
いずれの事務所も電話、メールによる無料相談ができますので、2〜3ヵ所に相談することをおススメします。
それぞれ条件は少しづつ違いますし、相性もありますからね。

 

《 参 考 》

各事務所に無料相談をされる場合には下記の事項を伝えれば話は早いです

◆ 借りている闇金の件数と、それぞれ闇金業者の氏名、電話番号

◆ それぞれ最初に借りた日付と金額、金利

◆ 借入方法(配達、振込)

◆ 返済方法(集金、振込)

◆ 現在の借入残高

◆ 毎度、支払っている利息額と、その期間

◆ 取り立てを受けていれば、その手段と内容

以上、あくまで分かる範囲でOKです。

 

闇金被害 専門家

裏金融(闇金)被害に特化した専門家(弁護士・司法書士)

【ウイズユー司法書士事務所】


ウイズユー司法書士事務所 闇金相談窓口

相談者ならば言ってほしい言葉が『闇金の問題は必ず解決します!』当事務所はこの通りに実践して、闇金に一番強い司法書士事務所だと高評価を得ています。

代表の奥野正智氏は闇金被害の解決も10年以上、豊富な経験と実績はどんなときでも依頼者の味方になってくれる熱血派の先生です。
また、資格の総合スクールLECの専任講師にも就任し、幅広く活動されています。



≪電話・メール相談≫
いずれの相談も無料です。フリーダイヤルですから通話料は何回でも、何時間でも無料。全国に対応しています。


詳しい内容は公式サイトから↓
ウイズユー司法書士事務所 闇金相談窓口

事務所名・住所

ウイズユー司法書士事務所
大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F

代表者 司法書士 奥野 正智  大阪司法書士会第2667号 簡裁認定番号第312416号
依頼費用 闇金業者1件あたり5万円、複数件は割引可。 後払い・分割払い可

 

 

 

ウォーリア 闇金相談窓口

【ウォーリア司法書士事務所】

『戦う!正義の司法書士』この熱いスローガンを掲げて闇金と戦いぬく姿勢を強く打ち出している熱血事務所です。


多くの実績により闇金業者からは煙たがられている存在で、依頼すれば当日〜数日には闇金からの取り立て、嫌がらせを停止することが可能な頼れる事務所です。



《電話相談受付》
受付時間:8:30〜22:30(月〜土曜日対応)
《メール相談受付》
365日、24時間受付てますが営業時間外であれば翌営業日に連絡


相談は電話、メールいずれも無料です。フリーダイヤルなので何回でも、何時間でも費用負担は一切ありません。
公式サイトからご利用ください↓
ウォーリア 闇金相談窓口


※過去に弁護士、司法書士にて闇金)を整理した経験がある方でも相談OK。
 闇金は法外な高金利で貸付ていますから今すぐにでも相談しましょう。

事務所名・住所

ウォーリア法務事務所
大阪市北区西天満4丁目10番4

代 表 者 司法書士 坪山正義  大阪司法書士会会員(第3831号) 簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)
依頼費用 闇金業者1件あたり5万円、6件目からは割引可。 費用の後払い可

 

 

 

【ジャパンネット法務事務所】

ジャパンネット司法書士事務所

”違法な闇金からの借金は返済する必要は無い!”がモットー
闇金業者との交渉は数日(当日〜3日)で決着することが多い。


数ある法律・法務事務所の中でも、昔から闇金被害を解決することに特化した老舗的な法務事務所です。


闇金業界内でも”うるさい事務所”として知られています。


手元資金が無い、あるいは心もとない場合でも依頼費用の後払い、分割払いに応じるなど手厚い方法で応援してくれます。安心して闇金被害解決に取り組めます。


【無料相談受付】
電話:9:00〜21:00(365日対応)
メール:365日、24時間対応


詳しくは下記の公式サイトから↓
ジャパンネット司法書士事務所

事務所名・住所 東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル9
代表者

司法書士 小宮山博之 
東京司法書士会1392号 簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

依頼費用 闇金業者1件につき 29,000円〜49,000円  ※分割払い、後払い可

 

 

 

サルート法律事務所 闇金相談窓口

【サルート法律事務所】

代表弁護士の水野正晴氏は弁護士歴39年の大ベテランで、闇金、債務整理に加え、民事から刑事事件まで経験と実績が豊富です。


正義感が強い弁護士として、テレビや雑誌の出演経歴もありますのでご存じの方も多いかと思います。
特に闇金被害問題の相談実績は15,000件以上にもなり『闇金に一番強い弁護士』として多くの相談者に喜ばれています。



闇金被害の解決に重要なことは、
◆ 悩むことよりも解決に向かって行動すること。
◆ 一人で考えず専門家の知恵と経験を借りること。
◆ 『必ず解決させる』という強い意志をもつこと。


いったん取りつくと枯れるまで離れない害虫のような闇金は、1日でも早く解決しないと高金利と精神的なダメージにより生活が破綻します。
当法律事務所は全国に対応、電話・メールによる相談は時間・回数に制限なく無料です。


≪無料相談時間≫
電話・メールとも365日・24時間受付中


詳細は公式サイトからどうぞ↓
サルート法律事務所 闇金相談窓口

事務所名・住所

弁護士法人Salute法律事務所 (旧 弁護士法人RESTA)
東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル

代表者 弁護士 水野 正晴(第二東京弁護士会 第15165号)
費 用

◆ ご相談費用・・・無料
◆ 弁護士費用・・・闇金業者1社5万円〜(税別)
  ※分割支払い可

 

闇金被害の始まりが、

◆ 違法な闇金とは知らず借りてしまった。
◆ 以前にも弁護士・司法書士の介入で清算したが、また借りてしまった。
◆ 自己破産し、どこからも借りれなくてヤミ金に手を出してしまった。

そして、

◆ いくら返済しても終わらない・・・
◆ ひんぱんに来る督促の電話にもう耐えられない・・・
◆ 家族、親戚、勤務先、近所への嫌がらせがたまらない・・・
◆ 闇金のことを誰にも相談できない・・・

 

借金が始まった原因は人それぞれですが、結果は同じく悲惨になります。
でも前述したようにアリ地獄の境遇から1〜3日程度で抜け出す手立てがあるのですからぜひ、検討してください。

 

全国対応なのでどこからでも相談OK!
北海道/青森県/秋田県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/東京都/神奈川/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県/群馬県/山梨県/福井県/石川県/富山県/新潟県/長野県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/大阪府/兵庫県/京都府/和歌山/奈良県/滋賀県/広島県/岡山県/山口県/鳥取県/島根県/香川県/愛媛県/高知/徳島県/福岡県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/佐賀県/鹿児島/沖縄県

闇金と被害対策の専門家

サラ金と違って闇金がやっかいなのは返済しても返済しても終わらないこと。
闇金は一度貸したら、相手から絞れるだけ絞り取ることを考えています。

 

そのために年利2000%を超える驚きの金利で縛り付けているのです。
出資法で決められている上限利息が年利20%ですから、実に100倍にもなります。

 

1万円を1年間借りたら、利息が20万円以上になり、10万円でも借りたら1年後には利息だけで、な何っと! 200万円以上も払うことになります。

 

とうぜん、完済する事なんてできません。

 

また、運よく完済しても「押し貸し」といって無理やり貸し付けて何度でも絞り取ろうとしますから永遠に終わらないのです。

 

では一度、闇金から借りたらアリ地獄のように抜け出せないのでしょうか?

 
いいえ、ご安心ください。

 
素人が立ち向かうのは難しことですが、闇金被害対策のプロ(弁護士・司法書士)を使えば十分に可能です。

 

いますぐ、お近くの弁護士・司法書士にお願いしましょう・・・っと言いたいところですが、残念ながら、
日本国内には多くの弁護士や司法書士がいますが闇金相手の経験と実績がある専門家は限られています。

 

なぜなら、一般の弁護士・司法書士は、闇金を裁判所に呼び出して決着させようとしますが、違法な存在の
彼らは応じませんから解決できません。
そのために、簡単に対処できる銀行や消費者金融、クレジットカード会社相手の債務整理をしているのが現状です。

 

自分の周りに、闇金被害に特化した弁護士か司法書士がいなくても諦めることはありません!
ネット検索すれば、いくつか見つけることができます。

 

当サイトでご紹介している弁護士、司法書士事務所も該当しますが、ネット世界では色々な情報が飛び交ていますので迷う場合も多々あります。
どの事務所を選ぶかの判断基準は、闇金被害の解決、相談実績が一番重要です

ヤミ金の利息

ヤミ金の利息は、どれぐらいなのでしょうか。

 

ひと昔前は、トイチと呼ばれていたように10日で1割の利息がつくのが平均的でした。

 

つまり1万円借りれば、わずか10日間で千円もの利息を支払うものです。

 

いかに昔から闇金が暴利をむさぼっていたかがわかります。

 

 

今日、正業においては利息制限法が法律で規定されていますので、消費者金融(サラ金)の場合でも最大で
20%となっています。

 

では闇金業界はどうなっているのでしょう。

 

残念ながら現在のヤミ金は、昔よりもひどくなっているようです。

 

暴利といえる法外な高金利で貸し付けしていて、トサン、トゴ、週3、週4という貸し方が業界相場のようです。
トサンは、10日で3割の利息、トゴは、10日で5割の利息が付くという意味です。

 

なぜ、このような高金利になっているかといえば、貸す側のリスクが高くなったことにあります。
それにより、トイチで融資をしていた闇金業者のほとんどが更なる高金利へと変貌しました。

 

ヤミ金に融資を申し込む人の大多数が、他から融資してもらえない人ですし、借金を返済できるか分からない
債務者ですから、ヤミ金業者も高金利でないと成り立たない面もあります。

 

闇金業者にすれば、脅し、すかしすれば返済してくれる借り手なら絶対に手放ししたくない相手です。
あらゆる手段を使って”生かさず殺さず”搾り取ろうとします。

 

そんな闇金から逃れるには1人で悩み解決しようとしてもムリ。
闇金被害に精通した弁護士か司法書士に依頼して解決してもらうしかありません。

 

 

ヤミ金の形態

ヤミ金の形態は、高金利で貸し付けることは変わりませんが、貸出方法が増えていて、より巧妙化して
いるのが現状です。

 

俗に言う闇金は、法律を守らずに営業する貸金業を指し、高金利で取り立ても酷い業者です。
高金利というのは、いわゆるトゴ、トサン業者が行っている金利です。

 

闇業者の主な金利は、実質年率1095%のトサンと、実質年率1825%のトゴと言われています。

 

返済のサイクルや金利は借り手の状況で変わり、闇業者それぞれに金利が決められています。

 

 

ヤミ金には数種類あり、その1つが車金融です。

 

これは電柱や駐車場のフェンスなどに張り紙がしてあり、よく見かける形態です。車を担保に融資を
受けても自分の車に乗ったままでOKというやつです。

 

申し込み時に、免許証、車検証、実印、印鑑証明、住民票が必要になります。その他にも車の保険や
ガソリン代の領収書の提示を求められる場合があります。

 

これで万が一、返済不能の場合には車が買取られることになります。

 

リース形式をとる場合は、車の売買という名目で融資が行われ、手続料や査定費用が天引きされます。

 

借金返済ではなく、リース料の名目で元金と利息を返済する仕組みですが、返済が滞れば、車が回収
されることになります。

 

他には、デリバリー金融と呼ばれるものもあります。

 

これは、電柱や壁への張り紙や、ポストへの投げ込みチラシで勧誘するもので、電話をもらえれば即日に
家までお金を届ける仕組みです。

 

不幸にも、闇金の被害を受けているのなら、1日も早く彼らと手を切らねば幸せな未来は望めません。
闇金に終わりなき返済をするに比べれば、わずかな費用で清算できます。

 

まずは無料の電話相談を利用して、対策をたてましょう!

 

《サイトトップ》

ヤミ金融対策法の概要

広告・勧誘行為に関する規制の強化
◆ 携帯電話番号を用いた広告は禁止。
◆ 誇大広告の禁止に加え、顧客を誘引するためもっぱら低利の貸付けを広告するにも関わら
  ず、実際には高利で貸付けることや、 返済能力のない者を勧誘するような表示をすること
  なども禁止。

 

取立行為等に対する規制の強化
◆ 貸金業規制法では、債権の取立てにあたり、人をおどかしたり困惑させることは禁止され
ていますが、その具体例が法律で明記され、罰則が引き上げられました(無登録業者の行為も罰則の対象)。
@ 正当な理由なく、不適当な時間帯(午後9時から午前8時)に取立てを行ったり、勤 務先等の居宅以外の場所に電話や訪問を行うこと
A 債務者・保証人以外の第三者に対し、みだりに弁済の要求を行うこと。

 

◆ 貸金業者は、貸付け、債権の管理・取立てを行うにあたり、不正又は著しく不当な手段
  を用いてはなりません。年金受給証の徴求や、いわゆる押し貸しなどが禁止です。
◆ 貸金業者は貸金業の業務に従事する従業者に身分証明書を携帯させなければなりません。
◆ 貸金業者は、暴力団員等をその業務に従事させ、又はその業務の補助者として使用していけません。
◆ 貸金業者は暴力団員等に債権を譲渡してはいけません。

 

 

高金利を定めた貸付契約の無効
貸金業を営む者が、年109.5%を超える利息の貸付契約をしたときは、当該貸付契約は無効となります。この場合、利息は一切支払う必要はありません。

 

 

罰則の大幅な引上げ
◆ 出資法に違反する高金利での貸付け、無登録営業に対する罰則の大幅な引上げ。
(改正前)高金利違反:3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又は併科
(改正後)5年以下の懲役若しくは1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金又は併科

 

(改正前)無登録営業:3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又は併科
(改正後)5年以下の懲役若しくは1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金又は併科

 

◆ 出資法に違反する高金利の支払の要求、無登録業者の広告・勧誘など処罰の範囲の拡大。

 

 

ヤミ金融の被害にあわないために
◆ 金融庁ホームページにおいて、登録業者かどうか確認しましょう

 

◆ 出資法違反に当たる高金利ではないか確認
  出資法に定められている上限金利( 年29.2%:元本1万円につき1日8円の利息)を
 超える貸付は、出資法違反となり罰則の対象となります。

 

 

 

違法な金融業者の手口あれこれ
◆ 登録詐称業者
広告の登録番号の表示に架空の登録番号を使用したり、他の貸金業者の登録番号
を使用するなどして登録業者を装う。

 

◆ 090金融
勧誘のチラシに携帯電話の番号と業者名しか書かず、正体を明かさないまま、違
法な高金利で小口の融資を行う。

 

◆ 押し貸し
契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な高金利の利息な
どを請求する。

 

◆ 紹介屋
あたかも低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信
用状態はよくない。うちでは貸せないのでほかの店を紹介する。」などと言って、
他の店で借りるように指示し、借入れた金額の一部を紹介料としてだまし取る。

 

◆ 整理屋
「あなたの債務を整理・解決します」などと広告し、多重債務者から「整理手付金」
といった名目で?現金などを預かり、整理をしないでだまし取る。

 

ヤミ金相談所

ジャパンネット法務事務所